2019但馬ふるさとづくり大学の受講生募集について

但馬ふるさとづくり大学は、「但馬を知り、但馬を愛し行動する」人づくりをめざして、平成8年から毎年実施し、但馬内外から延べ1600人以上の方々に受講いただきました。

これまでは「知る」ことを中心としたスタイルでしたが、2019年より但馬で行われている地域づくりにスポットをあて、「行動する」に重点を置いた人づくり事業を展開します。

但馬ふるさとづくり大学チラシ表面(JPEG)

但馬ふるさとづくり大学チラシ裏面(JPEG)

【募集要領】

1.受講対象者 但馬について学ぶ意欲がある方なら、どなたでも受講いただけます。

2.受講定員  80名程度(先着順)

3.開催日時等 日程については、裏面に記載しています。

平成31年5月11日(土)~11月2日(土)全13講座

4.開催場所  但馬長寿の郷・豊岡市竹野町・朝来市生野町ほか

5.受講料   10,000円(大学生・高校生は5,000円)

※但馬文教府第52回夏期大学特別講座受講料及び第14回但馬検定受検料含む

6.申込期限  平成31年4月12日(金)※当日消印有効

7.申込方法  氏名(ふりがな)、性別、生年月日、年齢、住所、電話番号、Eメールを記載していただき、申込フォーム、郵送、メール又はFAXでお申し込みください。

申込フォームはこちら

(郵送やFAX、E-mailでの申込はこちら↓)

申込先:公益財団法人 但馬ふるさとづくり協会 〒668-0033 兵庫県豊岡市中央町2番4号

FAX番号:0796-24-1613

E-mail:tjm-furusato@tajima.or.jp

 

【平成31年度但馬ふるさとづくり大学講座の紹介】

第1回講座

テーマ:小さなまちの地元企業が但馬を盛り上げる~歌と映画と武将とおばあかふぇ~

講 師:株式会社但馬寿 常務取締役 久村謙藏氏

内 容:「地域の魅力=おばあ」との発想から「おばあかふぇ」を立ち上げ、小さなまちの地元企業が独自の戦略で地域を活性化させる取り組みやご当地ソングで地域を盛り上げる仕掛けについて学習します。

 

第2回・第3回講座《地域づくり現地体験講座》

テーマ:竹野港海町マーケット&川湊まちあるき体験

講 師:竹野漁協竹野支所運営協議会 永田兼彦氏

案 内:たけの観光協会 会長 青山治重氏

内 容:オフシーズンの新たな地域の魅力として、昔から残っている町並み「川湊」に着目し、その魅力を活かした漁協の取り組みとその魅力を次世代に引き継ぐ取り組みを現地で体験し学習します。

 

第4回・第5回講座《地域づくり現地体験講座》

テーマ:生野の町並みを生かした地域づくりと地域文化の復興

講 師:いくの地域自治協議会 事務局長 小島公明氏

案 内:口銀谷の町並み案内人

内 容:鉱山町独特の町並みを保存する活動を通じて得た地域づくりの原点について学習するとともに、一時途絶えていた「生野の七夕」の文化を再興し、伝承に取り組む活動を現地で体験し学習します。

 

第6回・第7回講座《特別講座》

 但馬文教府夏期大学

講 師:東北楽天ゴールデンイーグルス 前監督 梨田昌孝

講 師:脚本家 中園ミホ氏

但馬文教府主催の夏期大学を特別講座としておりますので、ぜひ受講してください。

 

第8回・第9回講座《まちづくりグループワーク講座》

テーマ:たじま・まちづくりカフェ~身近なまちづくりを考える~

アドバイザー:兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科 教授 山室敦嗣氏

内 容:兵庫県立大学大学院修了生による但馬の地区や地域組織の研究を題材に、身近なまちづくりについて、カフェのように気軽に語り合い、交流します。

事例報告①:地域資源を活かした新旧住民の融合~豊岡市福田地区を事例に~

発表者①:FMジャングルパーソナリティ 西垣義嗣氏

事例報告②:新しいコミュニティのこれからを考える~朝来市東河地区協議会をヒントに~

発表者②:朝来市職員 梶本陽介氏

 

第10回《特別講座》

 但馬検定試験

但馬の自然や歴史・文化など幅広く学び、地域の魅力を再発見する場として、但馬検定(1・2・3級)を実施しますので、ぜひチャレンジしてください。

 

第11回講座

テーマ:イベントが生み出す地域との交流

講 師:香美地域おこし協力隊 田尻茜氏・河田愛氏

内 容:地域おこし協力隊に応募するきっかけとなった「日本で最も美しい村・小代」の魅力を探り、その魅力を広く周知し、地域の活性化に結び付ける取組みについて学習します。

 

第12回講座

テーマ:楽しくなければ闘わない~三階建養蚕住宅に集う人たち~

講 師:おおや村役場の会 会員 和田祐之氏

内 容:「昔は自分たちが住む家が文化財という意識はなかった。」という状況からスタートし、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されるに至った地域の取組みについて学習するとともに、指定に尽力した親の世代から継承した今の取組みについて学習します。

   

 

第13回講座

テーマ:日本遺産「北前船寄港地・船主集落」を通した地域の活性化

講 師:諸寄歴史と文化の薫るまちづくり委員会 事務局長 新古雅紀氏

内 容:「追加認定に向けた構成文化財」探しから始まり、認定後の取材で訪れた女性記者の質問がきっかけで、「無事の帰港を祈る女性の視点からの港町独自の風習」に気づき、新たな地域の魅力として地域づくりに活かす取組みについて学習します。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム